vio脱毛のメリット・デメリットは理解しておく

vio脱毛のメリット・デメリット

vio脱毛という言葉、エステやクリニックの記事や広告で最近良く目にするようになってきましたね。

vio脱毛は、ビキニライン・性器の周り・肛門周辺のムダ毛を脱毛する施術です。

近年まで、日本ではvio脱毛は一般的なものではありませんでしたが、欧米ではポピュラーな脱毛施術となっていて、その施術方法も年々進化を遂げています。

vio脱毛は日本においても人気が出始めてきていて、最近はvio脱毛を行うエステサロンやクリニックも多くなってきました。

しかしながら、vio脱毛はその性質上、メリットもデメリットもある脱毛方法です。
そのため、施術を受ける際にはリスクや効果について、しっかりと把握しておくことが重要になってきます。

vio脱毛のメリットとは

vio脱毛のメリットは、見た目が美しくなり衛生面が向上するという点にあります。

vio脱毛を行うと、排出された皮脂や汗、分泌物といったものが体毛にからまってしまったり、溜まってしまうということが無くなりますので、性器周りを清潔に保つ事ができるようになります。

このことによって、生理中の不快感やムレ・かぶれを予防する事ができるという大きなメリットが得られます。

また、vio脱毛を行うと、下着や水着からムダ毛がはみ出てしまうといった心配がなくなりますので、おしゃれの幅も広がり、水泳などを行う際にも行動的になる事が可能になります。

更にvio脱毛は、下半身の体毛が毛深い方のコンプレックスを解消するという効果もあります。

vio脱毛のデメリットとは

対して、vio脱毛のデメリットは費用や時間がかかるということです。

vio脱毛は、大変デリケートな部分の脱毛ですので、自分自身で行うにはリスクが大きな脱毛となっています。

そのため、エステティシャンやドクターといったプロの手によっての施術が必要不可欠になってきます。
vio脱毛は費用や時間の確保が必要というデメリットを持つと言えるでしょう。

ただし、見た目の綺麗さやお肌のことを考えるとデメリットだから自分で処理をするということは避けたほうが良いでしょう。
デリケートゾーンなので特に注意しなければいけないところです。

vio脱毛の自己処理は危険?!

まとめ

個人的にはvio辺りの処理をしているという人にはデメリットはないと考えています。

回数を重ねるたびに、vio周りの毛も細くなっていきますし、手入れをするにも簡単になってきます。

平均的には6回程度、脱毛をすればキレイになると言われていますし、エステサロンのvio脱毛プランも6回コースが多くなっています。

今後、自己処理をしていくという煩わしさを考えるとvio脱毛するメリットのほうが大きいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です