vio脱毛は生理中・妊娠中でも施術できる? 生理中・妊娠中の施術は不可!

生理中のvio脱毛

vio脱毛を行う上で、しっかりと把握しておきたいのが 「生理中、妊娠中は施術を受ける事が出来ない」という点です。

vio脱毛は、エステサロンや脱毛専門のクリニックなどで行われているプロの施術ですが、どんなクリニック・エステでも「妊娠・生理中の施術は出来ません」という説明を行っています。

v

io脱毛は、施術が完了するまで1年半から2年程度かかる脱毛ですので、出来るだけ定期的・継続的に行って、早めに終わらせたいと感じる方も多いかと思います。

そのため、生理中や妊娠中に施術を受けられないという事に、不満を抱く方も少なくないのではないでしょうか?

しかし、プロの施術であるvio脱毛が妊娠・生理中に受けられないのは、それ相応の理由があってのことなのです。

妊娠・生理中にvio脱毛を受けられない理由とは

vio脱毛は、大変デリケートな部分の脱毛のため、他の部位以上に肌に優しく痛みが少ない施術になるよう配慮されています。

しかしながら、どれだけ肌に優しく刺激の少ない脱毛方法を採用しても、肌や身体にかかる負担を「ゼロ」にする事は出来ません。

それに加え、生理中や妊娠中は女性の身体は、ホルモンバランスが乱れているだけでなく、あらゆる部分が過敏に反応するようになっています。
そのため、普段であれば全く問題のない刺激や痛みにも、生理・妊娠中には過剰に反応してしまう、といった事も起きてしまいます。

また、脱毛施術の効果の出かたというものは、施術を受けた女性のホルモンバランスにも大きな影響を受けるのですが、生理・妊娠中にはこのホルモンバランスが乱れるために、十分な効果を得られない可能性が大変高くなっています。

つまり、生理中・妊娠中のvio脱毛は、リスクや痛み・肌への負担は急増するにも関わらず、それに見合った効果を得ることができない、ということになります。
こういった大きなデメリットを考慮して、生理中や妊娠中のvio脱毛は禁止されているのです。

まとめ

早くvioをキレイにしたいという気持ちはわかりますが、施術してもらうことはできませんし、デメリットのほうが大きいので、生理や妊娠を避けて施術しましょう。
当然ですが、家庭用脱毛器でも同じです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です