脂肪吸引したいお腹

脂肪吸引は米国で人気の高い手術です。
年間30万人以上の方が脂肪吸引術を受けているといわれています。

吸引にはカニューレという吸引管を使用して脂肪の付き過ぎた部分の脂肪を吸引する事で、ボディラインを綺麗に整えます。

脂肪のつき方は遺伝や環境で様々ですが脂肪吸引は気になる部分だけ集中して痩せられるので、脂肪のつき方によって外見を損なってしまっている方にとっては非常に有効な手段だといえるでしょう。

しかもダイエットの大敵とされるリバウンドの心配もほとんどないのです。

ちなみに脂肪吸引が始まる前は「切開除脂術」が行われていたのですが、メスで脂肪を直接切り取るので脂肪吸引よりも傷が目立ってしまうので、以前に比べてあまり行われていないそうです。

脂肪吸引のメリットとは

脂肪吸引のメリットですが、先ほど説明させていただいた通り「リバウンド」の可能性が極めて少ないということです。

通常のダイエットでは脂肪細胞が小さくなり体重が減るのですが、脂肪細胞は食べ過ぎたりするとすぐに元に戻ってしまいます。

しかし脂肪吸引の場合は脂肪細胞の数そのものを減らすのでリバウンドしにくいのです。
それに加えて面倒な食事制限や運動をする必要もありません。

また、部分痩せが可能なので体重減少と共にバストサイズが落ちるという心配もなく理想のプロポーションが得られます。

脂肪吸引のデメリットとは

では脂肪吸引にはデメリットがないのかと言うと、残念ながらそうではありません。

まず、脂肪吸引が原因で健康障害を起こす可能性があるということです。

カニューレの操作法が間違っていると出血をしたり腸を傷つけてしまうこともあります。
ずさんなクリニックを選ぶことのないよう注意してください。

次に費用が高いということです。平均で20万円~50万円はかかってしまいます。

費用に関しては仕方がないのですが、失敗を防ぐためにも脂肪吸引を受ける前には必ずカウンセリングを受けて信頼できる外科医院を探すようにしましょう。

まとめ

脂肪さえとってしまえば体重は落ちるでしょう。
しかし、あなたの食生活を変えない限りは、また脂肪がつくことは間違いないといえます。

脂肪吸引がダメだということではありませんが、あなたの食生活を改善しない限り、ダイエットは成功しないということは忘れないようにして下さいね。