vioに脱毛器は使えるの? デリケートなので家庭用脱毛器では危ない?

家庭用脱毛器でvio脱毛は危険?

vioの脱毛を考えている方の中には「家庭用脱毛器で脱毛すれば良いかな?」と考えている方も多いと思います。 脱毛といえば脱毛サロンか自己処理か、というイメージですから当然ですよね。

では実際に、vioラインを脱毛器で脱毛する事がおすすめかというと、決してそうではないんです。

特にIライン、Oライン、とてもデリケートな部分ですよね。
想像してみただけでも、なんとなく危険そうだと感じると思います。
実際に、Vラインはともかくとして、IラインとOラインを脱毛器で脱毛するのは危険です。

家庭用脱毛器によるトラブルの種類

火傷

家庭用脱毛器の中でも、火傷はよくあるトラブルの1つです。
特に、肌が荒れている方や皮膚が弱い方は要注意だと言われています。

さらに、シミやホクロから炎症を起こす場合もありますから、その部分には照射しないように注意してくださいね。

出来るだけ火傷をしないようにするには、照射レベルを細かく設定出来るものを選ぶ事をおすすめします。
使用する際には、小さい出力レベルよりスタートするようにしてください。

それでも、万が一火傷をしてしまったら、すぐに皮膚科を受診してくださいね。

色素沈着

家庭用脱毛器を使用したら皮膚が乾燥してしまい、痒みが出るなんて場合もあります。

脱毛後に痒い部分を掻いてしまうと炎症し、色素沈着を起こす事があるのです。
色素沈着を起こした肌は茶色く変色してしまいます。

もしも痒みが出たら、出来るだけ掻かないようにする事が大切です。
保湿をすればある程度の改善が出来るので、試してみてくださいね。

トラブルを起こさないためには

家庭用脱毛器でvioラインの脱毛をした場合、トラブルが起こりやすいというのは分かっていただけたのではないかと思います。

そんなトラブルを避けるためには、やはり脱毛サロンに通う事をおすすめします。
脱毛サロンではプロの方に施術をしてもらえるので、肌トラブル自体が起こりにくいのです。

さらに安心な事に、ほとんどの脱毛サロンでは医療機関と連携しています。
万が一肌トラブルが起こってしまっても、きちんと対応してもらえるという事ですね。
この部分も、脱毛サロンにて施術を受ける事の利点ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です