家庭用脱毛器vs脱毛エステ

最近は家庭用脱毛器の性能向上が著しく、家庭で脱毛エステ並みの本格脱毛が可能になりつつあると言われています。
そのため、家庭用脱毛器と脱毛エステ、どちらを選べばよいのだろう?なんて考える方も増えてきているようです

ここでは、家庭用脱毛器と脱毛エステを比較しながら、その違いや選び方についてご説明していきたいと思います。

脱毛エステ vs 家庭用脱毛器

脱毛エステ家庭用脱毛器
施術方法プロのエステティシャンが施術自分で施術
アフターケアプロのエステティシャンが正しいケア自分でケア
デメリット料金が少し高くなる肌トラブルや黒ずみ
時間事前に予約をとるいつでも好きな時間にできる

施術方法

まず、家庭用脱毛器と脱毛エステの大きな違いは「プロの手による施術が受けられるかどうか」という点にあります。

家庭用脱毛器の中には、確かにエステで使用されている業務用機器と同等の性能を持つものも存在します。

そのため、正しい利用を継続する事で、確かな脱毛効果を得ることが可能です。

肌ケア・アフターケア

家庭用脱毛器使用後の肌ケアやアイシングは自分で行う必要があり、このケアを正しく行えないと、肌を痛めたり炎症を起こしてしまったりといった問題が起きてしまいます。

脱毛エステの場合には、この肌ケア・アイシングといったアフターケアをプロのエステティシャンに行ってもらえるという大きなメリットがあります。

また、最近人気が高まりつつあるvio脱毛のように、デリケートな部分、自分での脱毛が難しい部分は、やはり脱毛エステで施術を受けるのが一番です。

こういった部分の脱毛は、素人が無理に施術を行ってしまうと、肌トラブルや黒ずみといった問題を引き起こす原因となってしまいます。

高性能な家庭用脱毛器を持っていたとしても、vio脱毛をはじめとしたデリケートゾーンの脱毛は避けるのが賢明です。

時間・予約

家庭用脱毛器は、脱毛エステのように予約を入れて通う必要がなく、いつでも好きな時に好きな場所で脱毛が出来るという、他にはない長所を持っています。

そのため、腕や足といった自分で脱毛可能な部分を処理するのには最適なものだと言えるでしょう。

但し、vio脱毛をはじめとした「プロの手に任せるべき脱毛」というものが存在するのもまた事実です。

まとめ

脱毛エステと家庭用脱毛器の場合、どちらがより優れているかを考えるのではなく、脱毛する部位や施術によって使い分け、併用するというのが一番だと言えるでしょう。

家庭用脱毛器はいつでもできるというメリットもありますが、脱毛エステのほうが効果を実感しやすいということもありますし、お肌のダメージも少なく済むかと思います。

お財布やムダ毛の濃さ、お肌の強さも考慮して選んでみてくださいね。