美容外科クリニックのメリット・デメリットを理解しておく

美容外科のメリット・デメリット

プロの手による脱毛を希望する場合、まず最初に思い浮かぶのはエステサロンだという女性は少なくないと思います。

しかし、最近は美容外科で脱毛を行うことを希望する方も増えてきており、脱毛専門のクリニックも多く開設されるようになってきました。

とはいえ、エステサロンや家庭用脱毛器の脱毛に比べると、美容外科の脱毛は少々マイナーに感じる方が多いのもまた事実。
ここでは、美容外科で行われている脱毛のメリット・デメリットについてご紹介していきましょう。

美容外科クリニックのメリットとは

美容外科で行われている脱毛は「美容目的の医療行為」となっています。

そのため、使用される機器はエステサロンの業務用機器よりも出力が高く、高性能なものが用いられています

更に、施術を行うのも医師、もしくは医師に監督された専門の技術者ですので、エステサロンの脱毛よりも、より高度な脱毛施術を受ける事が可能になっています。

そのため、信頼性と効果が高いプロの脱毛施術を受ける事が出来るということが、美容外科の脱毛施術の持つ、大きなメリットだと言えるでしょう。
また、現在日本で永久脱毛を提供しているのは、美容外科・脱毛クリニックのみとなっています。

美容外科クリニックのデメリットとは

美容外科の脱毛の持つデメリットは、その費用の高さにあると言えます。

美容外科の脱毛は、医療行為となるのですが、全額自己負担の自由診療となります。
つまり、保険が適用されないため、費用が高額になる傾向にあるのです。

最近は、エステサロンの脱毛の費用がかなり安くなってきていますが、それに合わせる形で、美容外科の脱毛費用も若干下がりつつあります。
しかし、美容外科の脱毛は医療行為であるために、その下げ幅はエステに比べて小さいというのが現状です。

美容外科の脱毛は、レーザー脱毛や電気針脱毛などの種類があり、それぞれ費用も異なってきます。
そのため、美容外科で脱毛を行う際には、費用についての確認と確保が大変重要になってくるといえるでしょう。

まとめ

美容外科はお金が高いからエステサロンに通おう。という安易な考え方ではなく、あなたの脱毛したい部位や毛の濃さによって美容外科やエステサロンを決めたほうが良いでしょう。

エステサロンでも、毛が薄い人は効果を感じやすいですし、濃い人はあまり効果を感じないことが多いです。
エステサロン・美容外科が良い悪いではなく、あなたにあったサロン選びをしましょう。

美容外科のほうが効果が高いのは事実ですが、肌荒れする可能性が高くなるのもありますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です